4/27(土)朝市の仲間たち〜その2

  • 2013.04.07 Sunday
  • 22:42
みなさん!
「ヒメマス」という魚をご存知ですか?

サケ目サケ科の淡水魚の一種で、湖沼残留型(陸封型)のものを指すそうです。

ちなみに降海型のものを、かの「ベニザケ」といい、マス・サケ類ではもっとも美味と言われる魚です。

このヒメマス、実は十和田湖の名産品なのです。

もっとも、非常に高価な魚なので、地元の十和田市内でもそうそう出回っているわけではありません。。。

昨日、このヒメマスのふ化場に行ってきました。



通常では入れていただけることのない施設。


長靴に履き替え、さらに消毒…


そして、現れたのは、6つの水槽。


1つの水槽に、ヒメマスの稚魚数万〜十数万尾!

中には、十万尾に1尾と言われる、白?黄色?の稚魚の姿が。


この稚魚、一定の大きさになると、屋外の稚魚池でさらに養育され、十和田湖に放たれます。


これは、ふ化場事務所の水槽で飼われている稚魚。


わかりますか?

まるでジッとしていてくれないので、カメラに収めるのが大変です。


今回、十和田湖のヒメマスを熱く語ってくださった、ふ化場長の荻沢さん。


実は、その手塩にかけたヒメマスを、冷凍してあおもり味蕾屋に譲ってくださるのも荻沢さん^_^;


持ち帰ったヒメマスを、自然解凍して刺身にしたのが下の写真です。

どうですか?

この色、
この艶、
このみずみずしさ!


食べた感想は、いわゆるサケの臭みはまったくと言っていいほど感じられず、あたかも十和田湖の清水で作ったゼリーのような、とろける食感…

まさに、神秘の湖 十和田湖が育んだ、奇跡の味覚と言えるでしょう!

▲発荷峠より十和田湖を見下ろす。波ひとつない湖面に、雪山が映える


▲心まで洗われる十和田湖の清水です


なお、余談ですが、、、

この、弾痕のような跡、なんだと思いますか?


壁には無数の穴が…


もちろん、銃撃戦の跡ではありません!


この建物、ふ化場の事務所ですが、実は壁面の内側に、越冬をもくろむカメムシが集結するそうです。

そして壁の穴は、そのカメムシをこよなく好む、キツツキたちの仕業なのだそうです。

中にいたら、やっぱり銃撃戦だと勘違いすることでしょう…

なんとものどかな湖畔の一幕でした。。。

4/27(土)朝市の仲間たち〜その1

  • 2013.03.31 Sunday
  • 09:14
今回から、 前回ご案内いたしました『郷の朝市』にご出店くださる、あおもり味蕾屋のパートナーの皆様をご紹介していきます。

まず、第一回目の今日は、以前このブログでもイワナの養殖の様子をご紹介いたしました、株式会社農学館です。

農学館といえば、昨年の夏、首都圏でも一世を風靡した!?中玉トマトです。

まずは、ご覧ください!



この照り、この張り、そして色…

驚くなかれ、これ、収穫したばかりのトマトを、選別の際に布で埃を拭っただけの状態なのです。

ですので、もちろんワックスなどかけていませんし、そもそも農薬も、早春の育苗中に一度だけダコニールという殺菌剤をかけただけで、以降農薬の類はまったく使用していないという『超』減農薬栽培。

しかも化成肥料は一切使わない、有機肥料のみの使用でしたので、小さいお子様のいるご家庭にでも安心してご案内できました。

ちなみに水は、農園の所在する青森県上北郡六戸町の山中からコンコンと湧き出る自然の湧水のみを使用し、受粉作業は受粉用の蜂を放し飼いにして行うという、なんとも手間とコストをかけた作業でした。。。


▲有機肥料を、1株1株の株もとに一握りずつ…(昨年)


▲中央の黒い虫が、受粉作業を任されている蜂です…(昨年)



▲まるで、ぶどうの房のようにトマトが鈴なりになりました!(昨年)

ちょっと前置きが長くなりましたが、この、美味しいトマトづくりの職人軍団 農学館さんが、今年はハウスで苗作りから挑戦しました。

その、農学館オリジナルのトマトの苗を、100株限定で朝市で販売します!

今年はご自宅の菜園で美味しいトマトを作りたいというみなさんに、おススメの一品です。


▲販売苗イメージ

なお、その農学館さん、もちろん今年も美味しい中玉トマトを作ります。

先日も農園の手伝いに行きましたが、今年は、拾ってきた?雄鶏に除草させてました(笑)

あおもり味蕾屋では、7月上旬を目途に農学館トマトの販売を開始いたしますので、ご関心のある方は、ぜひお問い合わせください。

▼お問い合わせ先はこちら▼
http://aomorimiraiya.jugem.jp/?pid=1



▲今日の仕事を終えて、小屋に帰される雄鶏

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
十和田奥入瀬郷づくりセンター リニューアルオープン記念!
第一回『郷の朝市』
を開催します!
【日時】平成25年4月27日(土)午前8時〜11時
【場所】十和田市大字奥瀬字大堀平163−3
    十和田奥入瀬郷づくりセンター駐車場にて
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

来る4月27日(土)午前8時より、国道102号線沿いの「十和田奥入瀬郷づくりセンター」にて、十和田市近隣の交流促進と地域の皆さまへのお買い物支援を目的として、山海の幸あふれる朝市を開催します。


当日は、八戸舘鼻岸壁朝市を本拠地とするマルカネさんより、朝市でしか出品されないイカやさばの加工品や、昨年六戸町で中玉トマトが大ブレークした農学館さんより、美味しいトマトの苗やどじょうなど、日ごろなかなか十和田市内ではお目にかかれない逸品、珍品、、、


そしてもちろん近所の農家さんたちの、愛情こもった新鮮野菜やその加工品、さらには、お菓子の魔法使い、大竹菓子舗さんから、市内の食材を使った魔女の絶品スイーツなどが多数並ぶ予定です。


また店舗では、温かいお蕎麦やおにぎり、小川原湖産のしじみやトマトのスープ、十和田湖和牛のカレーライスなど、遅い朝食や早いランチにもってこいのお食事も準備します。


全品、売り切れ御免の朝市です。


みなさま、ふるってご来場ください!


【主催】
NPO法人十和田奥入瀬郷づくり大学
【運営】
株式会社あおもり味蕾屋

★十和田奥入瀬郷づくりセンターが、メニュー一新でリニューアル・オープンします!
 【4/13(土)11:30 プレ・オープン予定】

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM