巣立ちのとき

  • 2013.07.10 Wednesday
  • 22:06
実は、ずっと公開できなかった話があります。

気が付いたのは、5月の末のころでしょうか。。。
かわいいセキレイが、味市場のお店の方に頻繁に寄ってくる光景を見かけるようになりました。




ひょっとして、お店だから、明るくて虫も寄ってくるしエサも捕りやすいのだろうということで、パン粉を散らしたりしながら餌付けしようと思っていたのです。

…ところが!

ちょっと気になって、店舗入り口のプランターをどけてみると、、、


大きな木製のプランターの下に置いておいたバケツ型のプランターの中に、ちゃっかり巣を作っていたのです!

しかも、たまごが5つ…


驚きました…

と同時に、とまどいました。
こんなに頻繁に人が出入りするお店の入り口のすぐ隣に巣を作ったら、落ち着いて子育てなんてできるわけないですから。

そこで、さっそく、日ごろ懇意にさせていただいている、草花や野鳥に大変お詳しい東京ランドスケープ研究所の小林治人先生に、どうすればいいか尋ねました。

すると、

〜磴琉銘屬脇阿さないこと
驚かさないこと
カラスや猫に狙われないよう障害を作ること

というアドバイスをいただきました。

それからというもの、われわれ味市場のメンバーが、朝から店舗の入り口付近の駐車場に車を並べて、日中の巣付近の動きを少なくしたり、ガラス1枚隔てたすぐ隣の客席を狭くしてお客様を座りにくくしたり…^_^;

接客をしていても気が気じゃない日々が続きました。。。

その甲斐もあってか、6月中旬、無事、5羽の雛が誕生しました!

※写真は、まだたまごが1つ孵っていません。


親鳥は、1日に何十回となくエサを運んで巣に出入りします。



我が味市場の店長も、暇さえあればハエたたきを振り回し、捕った虫をせっせせっせと巣の前に運びます(笑)

そうこうしているうち、やがて雛も大きくなり、、、



親鳥も安心したのか、お店の風除室に入ってきたり、味市場の車の上からお店の中を覗いたり…


よく目が合うようになりました(笑)


そしていよいよ巣立ちの時です。

ある日親鳥が遠くに飛んだのを見計らってプランターをどけたら、大きくなった雛が驚いて飛んで行ってしまい、まだ飛べずにいる2羽だけが残っていました。


その数日後、めでたく5羽の雛すべてが飛び立ち、しばらくお店の周りで飛ぶ訓練をしている姿が見受けられました。

そして、残ったプランターの巣。


ちょっとさびしい気もしますが、とにかく、すべての雛が無事飛び立つことができてよかった!

今でも、セキレイがお店の近くでさえずっているのを聞くと、子育て当時を思い出して我が家を見に来たのかなぁ〜と、ちょっとしんみりしてしまいます。


ーーーーーーーーーーーーーーー
■ ■ お 知 ら せ ■ ■
ーーーーーーーーーーーーーーー

郷の朝市にもご出店くださっているパートナーの皆様の海の幸、山の幸、スイーツなど、あおもり味蕾屋が厳選した青森の味覚をカタログにしました!

▼ご関心のある方は、ぜひご覧ください!
http://www.aomori-miraiya.co.jp/menu.html

■■注文受付を開始しました!■■

◇八甲田伏流水で育てた奥入瀬の絶品トマト 有機栽培シンディスイートと、奥入瀬ブルーベリーの注文の受付を開始しました!
※生産農家限定の商品ですので、発送できる数に限りがあります。
ご注文はお早めにご連絡ください。

【お問い合わせ】
あおもり味蕾屋(十和田奥入瀬味市場)
TEl&FAX 0176-72-2783
Email aomori-miraiya@aomori-miraiya.co.jp
コメント
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2013/07/21 11:34 PM
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2013/07/23 1:20 PM
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2018/11/07 1:16 PM
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM